パニック障害

誰でも、事件・事故や災害などの予想外の出来事を前にすると、緊張して、呼吸が荒くなり、心臓は激しく打つことでしょう。このような変化は危機に対処するために本来人間の持つ自然な反応であり、正常なものです。

この自然な反応が、特に危険・危機でもない環境でも突然に、また何回も起こってしまうのがパニック障害です。

パニック障害は何かのきっかけでパニック発作(突然の激しい動悸、息苦しさ、吐き気、めまい、発汗など)が起こると不安・緊張が生じ「このまま死んでしまうのではないか」という恐怖感も出現します。

また、すぐに出られない場所、助けをもとめられない場所、パニック発作を経験した場所(電車・飛行機などの乗り物、渋滞・高速道路の車、映画館、美容院、混みあった飲食店などが多いようです)に行くのが怖くなって、避けてしまう人もいます。

パニック障害は、不安神経症、または、心臓神経症、過呼吸症候群と言われることもあります。

パニック障害の特徴は、ある日突然強い不安発作に襲われることです。

その時の不安と恐怖は大変なもので、多くの人が心臓発作や呼吸困難で死ぬのではと思い、しばしば救急車で病院に運ばれます。

しかし、病院に着いた頃には発作はおさまっており、検査しても異常は見つかりません。

パニック発作は、時間は短くても非常につらいものです。

そこで「また、発作がおきたらどうしよう」という不安(予期不安)を抱きます。この不安が二度目以降の発作に大きく関わってきます。

予期不安があると、パニック発作を恐れると同時に、発作時に誰も助けてくれない状況を避けるようになり、ひどくなると乗り物に乗れなくなったり、外出できなくなったりします。

広小路メンタルクリニック 心療内科・精神科(浜松市)では、抗うつ剤、安定剤、漢方などの薬物療法、森田療法、認知療法などを組み合わせた治療を試みます。

 

広小路メンタルクリニック 心療内科・精神科

 

→ 「こころの病気」一覧ページに戻る