摂食障害

摂食障害は食に関する難治性の病気で、一般的に知られている呼び方として、「拒食症(神経性無食欲症)」と「過食症(神経性大食症)」に大別され、ダイエットやストレス、失恋などのきっかけで拒食症になり、どんどん痩せていっても食事を摂ることができなくなり、益々痩せが進んでしまうケースと、拒食状態にあったものが、突然大量の食事を摂るようになり、過食症に移るケースなどがあります。

摂食障害は精神療法や薬物療法を中心として治療を行うとともに、時期に応じて、痩せや過食嘔吐に対する身体へのダメージに対し、身体医学療法などを使うのも、重要な治療になります。

摂食障害の患者さんは、ご自分が病気だと気づいていない方がほとんどです。そのため、治療を受けていない人が大勢いると言われています。

家族や周囲の人が摂食障害に気づいたら、精神科や心療内科の専門医を受診するよう、説得されることをお勧め致します。

 

広小路メンタルクリニック 心療内科・精神科

 

→ 「こころの病気」一覧ページに戻る