自律神経失調症

自律神経失調症は文字どおり自律神経が失調した(バランスが崩れた)状態です。

普通は、交感神経と副交感神経がうまくバランスをとれるように働いていますが、心か身体のストレス等でこのバランスが崩れてしまうことがあります。

自律神経失調症の症状としては、疲労感・ほてり・しびれ・息切れ・動悸・めまい・頭重・頭痛・眠れない・寝汗・食欲不振・胃痛などがあり、いわゆる不定愁訴として症状化する事が多くみられます。

自律神経失調症の治療は、抗不安薬が有効である事が多く、加えてストレスの原因となっている背景を知ることが鍵となります。

その結果次第では、環境調整が必要な場合もあります。また、抗うつ薬が意外に症状を軽くしてくれる場合もあります。

 

広小路メンタルクリニック 心療内科・精神科

 

→ 「こころの病気」一覧ページに戻る