漢方薬

近年、ストレスが原因で体調を壊す方が増えています。そこで、不眠症や食欲不振などの精神的な症状に漢方薬の効能が注目されています。

漢方薬の特徴のひとつは、検査などで異常が見つからなくても、不快な症状の改善策として使用できるところです。

今、漢方薬は心療内科、精神科、内科、整形外科、皮膚科や婦人科など、さまざまな診療科で多くの病気に対し処方されています。広小路メンタルクリニック(浜松市) 心療内科・精神科では、漢方を取り入れた薬物療法を心がけています。


心の病気

ストレス社会で増えている不眠やだるさ、疲労などにもいくつかの漢方薬が用いられるようになりました。漢方薬は体の気・血・水のバランスの歪みを整え、イライラや不安などのさまざまな精神症状にも効果がみられます。

一般の薬と併用ができるので抗うつ薬や精神安定薬、睡眠薬との併用もほとんど問題ありません。精神科や心療内科でよく使われる漢方は加味逍遥散、補中益気湯、加味帰脾湯、抑肝加陳皮半夏などです。

これらの漢方は肩こり、疲労、精神不安、虚弱体質や便秘の改善に効果があることが言われています。


検査で異常が見つからない場合

だるさ、疲れ、めまい、頭痛など、不快な症状が続くのに体を検査しても異常が見つからない場合にも漢方薬なら症状を緩和できることがあります。また、病気になる手前の「やや不調」の場合から治療を開始できます。


女性の病気

月経痛や月経異常、更年期障害など、女性ホルモンの変化が関係する婦人科疾患は漢方薬の効果が分かりやすいといわれています。気分の浮き沈みやむくみ、便秘などの症状の緩和体と精神面への効果が期待できます。


高齢の方

高齢になると、体力が低下し、体を守る免疫の働きが低下して、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。また、病気の治療に使う薬が増えていくことが多く、飲み合わせに慎重にならなければいけません。

漢方医学ならば、一人一人の体質や自覚症状を重視し、からだ全体の治癒力や抵抗力を高めて、心と体の状態をよい方向へもっていく手助けをしてくれます。体に適した漢方薬が見つかれば、一つの漢方薬で複数の症状に効果が出ることもあります。


冷え性

手や足の先端、腰など、冷えが慢性的になると 頭痛や肩こり、腰痛、月経痛などを引き起こす恐れがあります。漢方薬を服用すれば、胃痛や下痢などの冷えに伴う周辺症状の改善が期待できます。


アレルギー性疾患

春先に発症する花粉症などのアレルギー性鼻炎には小青竜湯(ショウセイリュウトウ)が使われます。この漢方は鼻水やくしゃみに効果があります。

その他、漢方薬には抵抗力を高めたり、免疫力を調整する働きがあるため、皮膚疾患や気管支炎などの慢性症状の改善が期待できることがあります。


生活習慣病

高血圧や糖尿病に伴う不快な症状やストレスから起こる自律神経の乱れを整え、暴飲暴食を予防することが期待できます。

例えば、高血圧の方が服用すれば、お腹の張る感じや便秘、めまいなどに効果があると言われています

糖尿病の方が服用すれば、脚の不快感やしびれ、目のかすみなどの糖尿病に伴う症状の緩和に役立つことがあります。

 

広小路メンタルクリニック(浜松市) 心療内科・精神科