認知療法・認知行動療法

認知療法・認知行動療法とは、自分の「心のくせ」や考え方・思い方のパターン(自動思考)を知り、それを、よりいろいろなひろい考え方のものに変えていくことで、気分を良くしたり、社会生活が無理のないようにできるように心を高めたりする精神療法です。

認知療法・認知行動療法はうつ病、パニック障害・強迫性障害・対人恐怖などの不安障害や、発達障害、摂食障害、統合失調症の症状(幻覚や妄想)、パーソナリティ障害にも適用されるようになっています。

認知療法・認知行動療法はこうした精神疾患に対して大きな治療効果をあげており、世界の精神療法のグローバル・スタンダードです。また日常生活でのストレスを和らげる効果もあります。

それぞれの人にはその人だけしかない特別なもの物事のとらえ方(認知のパターン)があって、それが感情をコントロールしているので、自分の「認知のゆがみ」のパターン、つまり「心のくせ」を知り、それをうまく治したり、より広い考え方に変えることが出来れば、気分をよくしたり、自分の感情をコントロールすることに役立つはずだという精神療法です。

認知療法・認知行動療法は、アメリカ、ヨーロッパを中心に、多くの臨床家の注目を集める精神療法です。

広小路メンタルクリニック(浜松市) 心療内科・精神科では、外来受診時に認知療法・認知行動療法を学び、それを普段の生活で実践していただいています。

 

広小路メンタルクリニック(浜松市) 心療内科・精神科