限局性学習症/限局性学習障害

限局性学習症とは知能に大きな問題がなく、目が見え、耳も聞こえていて、本人も人並みに努力しているにもかかわらず、「読む」、「書く」、「計算する」といった学習機能がどれか1つ以上、うまくできない状態を言います。

「読む」ことの問題は、誤った発音をする、文章の文字や単語を抜かして読む、読んでいるものの意味を理解することが難しいなどの状態です。「書く」ことの問題は誤った文字を書く、句読点を間違える、単語の中に謝った文字が混じる、文法的な誤りが多い文章を書くなどの状態です。「計算する」ことの問題は数の感覚、計算の正確さに問題がある、数学的推理の正確さに困難がある状態です。

 

広小路メンタルクリニック 心療内科・精神科

 

→ 「こころの病気」一覧ページに戻る